テレビ動画を見ていて気になるコトを気ままに書いてます

てれびさふぁり(仮)

2018秋 ドラマ

僕らは奇跡でできている相河は病気?第1話あらすじネタバレ考察

投稿日:

2018年10月9日放送『僕らは奇跡でできている』第一話

あらすじと独特のストーリーのネタバレ感想をまとめました。

 

高橋一生さんや榮倉奈々さんなど、注目の俳優さんがめじろおし!

さらに、脇を固めるのは味のある俳優陣です。

そしてドラマの中で生まれる『あれ?』と言う謎たち。

今後の展開が非常に気になるドラマになっていました。

 

第一話はスタートにぴった理で、ボクキセワールド全開!

今回は、注目ドラマ『僕らは奇跡でできている』第一話のあらすじとネタバレ感想をまとめてご紹介します。

 

▼▼僕らは奇跡でできているのフル動画を無料ですぐに視聴する方はコチラ ▼▼

 

 

僕らは奇跡でできている第一話あらすじ

楽しみに待っていた『僕らは奇跡でできている』第一話のあらすじです。

まずは大まかな第一話のあらすじをご紹介しておきます。

 

↓↓<ボクキセ第一話あらすじ>↓↓

高橋一生さんが演じる相河一輝(あいかわかずき)は、田中泯さんが演じる祖父の相河義高と、戸田恵子さん演じる住み込み家政婦・山田妙子との3人ぐらし。

動物の行動を研究する“動物行動学”を教える大学講師として勤務しています。

 

自分の好きなことにまっすぐな性格なのですが、その分、自分が興味のないことはどうでもいいという感じ。

それが、いわゆる”協調性がない””普通じゃない”という印象に繋がり、職場でも変わり者レッテルを貼られます。

 

そんな時に相河一輝に一大事!

我慢の限界を超えた歯の痛みが!

そこで駆け込んだ歯医者には、榮倉奈々さん演じる水本育実が院長としてバリバリ働いていました。

社会のルールの中でのし上がって来た水本育実にとって、相河一輝の言動・行動はイライラの元に。

 

診察している患者とはいえ、我慢できなくなった水本育実は

「常識っていうものがないんですか?」

と、言い放ってしまいます。

 

講師を務める大学でも、学生たちは相河一輝からの不思議な質問に頭を悩ませる始末。

一体これから相河と周りの人たちはどうなっていくのか?!

↑↑<ボクキセ第一話あらすじ>↑↑
 

というような感じのあらすじです。

 

「普通」「常識」「みんなやっている」

 

このドラマのあらすじを見ていると、私たち現代人が持つ常識が覆されそう。

それに、ここ最近よく聞く

「天才を育てた親は世の中のルールを無視して自由に育てた」

というような教育法を、改めて実感できるようなドラマになっていそうですよね。

スポンサーリンク

僕らは奇跡でできている第一話のネタバレ感想考察!相河は病気なの?

早速『僕らは奇跡でできている』の第一話のネタバレ感想です!

 

なんというか、高橋一生さんが演じる相河一輝は、まるで子供(笑)

 

動物が大好き!

というのがにじみ出ているキャラクターですが、もはや学生にも完全にナメられてしまっている状態。

 

勤め先である講師たちの中でも、そのルールに自分を合わせていくことが苦手すぎて心配になるくらい。

歯医者でも、虫歯の事実を受け止められず屁理屈ばかりですし、人によっては嫌いと思う人もいるかもしれません。

 

正直私も、

テレ美
ドラマで見るぶんにはいいけど、ちょっと関わりたくない・・・

と思ってしまいました(苦笑)

 

しかし、後半で水本から

『常識がないんですか?』
『どうしてそんな簡単なこともできないんですか?』

と言う言葉に、相河はひどく傷つくんです。

 

なんだかその姿に胸をぎゅっとされるような気持ちになりました。

 

と同時に・・・

テレ美
もしかしたら、相河は”アスペルガー症候群”と言う先天性の病気なのでは?

と言う疑問が。

 

アスペルガー症候群の特徴としては

・好きなことには、興味のないものには集中できない
・難しい言葉を使ったり、話し相手を無視した一方的な話し方をする。
・自分の気持ちをうまく表現できない。
・待つことができず、突然動きまわることがある。
・聴覚、視覚、触覚など、極端に過敏・鈍感が見られる。

ー引用:アスペルガー症候群の症状と治療法

そして、アスペルガー症候群の子供たちには、一つの分野に置いてすごい才能を発揮する”天才”が多いとも言われます。

 

相河の行動を見ていると、結構当てはまる部分がありますよね。

これは今後のストーリーで明らかになっていくと思います。

子供の育て方にハッとする!相河から学ぶ子供の自由

かなり変わった性格の相河ですが、歯医者で会った男の子との会話はとってもほっこり。

第一話のストーリーからは、改めて『子育て』にハッとさせられる部分があります。

 

歯医者で出会った男の子は、紙にお絵かきをしながら、『ウサギとカメ』というイソップのストーリーに対して、

カメはどうして倒れているウサギに声をかけなかったのか?最大の謎だ!

と言い出します。

 

それに対して相河はバカにすることなく、心から共感。

大学の講義でも学生たちに対して課題として提案するほど、真剣に向き合うんです。

 

一方で実の母親はと言うと、そんなことよりもテストの成績が悪いことでイライラを子供にぶつけます。

 

確かにテストの成績も大切です。

そこをないがしろにしろと言うのは、親としては難しい部分かもしれません。

 

しかし、そればかりを気にして子供の興味に目を向けられないと言うのも少し寂しいなと思ってしまいました。

そんなに簡単にできることではないですが、これをきっかけにちょっと子供との会話を大切にしなきゃなと思っちゃいました。

 

もしも相河が先天性の病気だとしたら、そういった部分も作者が視聴者に伝えたい内容になっているのかもしれません。

スポンサーリンク

水本は周りと合わせられていても周りは見えていない?

榮倉奈々さんが演じる水本は、『THE現代人』

テレ美
その気持ちわかるわぁ

と私も唸ってしまう箇所が多かったです(苦笑)

 

ただ、社会人としては周りと合わせることができる”常識人”の水本もプライベートでは周りが見えていない状況に。

女性でありながら高給取りな水本は、自分の物差しで全ての行動を決め、彼氏の気持ちに気づけず傷つけてしまいます。

 

周りと協調できないけど、子供の気持ちをしっかりと見れる相河。

周りと協調はできているけど、彼氏の気持ちには気づけなかった水本。

 

テレ美
本当に幸せなのはどちらなのかしら?

 

自分はどっち側の人間でどっち側の人間になりたいのか。

そんなことを考えさせられました。

家政婦の山田(戸田恵子)さんと祖父(田中泯)の存在が謎!関係性を考察してみた

ボクキセの出演者はかなりキャラクターが濃いのが特徴的ですね。

特に、家政婦の山田さんと祖父の存在は、かなり謎が多くて目立ちます。

そこで、私の視線で関係性を考察(妄想)してみました。

 

異様なほどにキャラクターが濃い戸田恵子さん演じる家政婦の山田さん。

そもそも、相河を大学講師に誘った小林薫さん演じる鮫島教授までも、山田さんを知っているんですよね。

相河の家には20年間も家政婦として勤めているんだとか。

 

テレ美
実は、相河のお母さんや親戚だったりするのだろうか?幼い時の何かに関わっているとか?

というのが、私の考察です。

20年働いているからと言う理由だけとは思えないんですよね。

 

そして、謎の多い田中泯さん演じる相河の祖父。

口数も少なく、相河の唯一の肉親であるのに興味を持っているようなそうでないような。

しかも公式の発表には『祖父は一輝に秘密がある』と記載されています。

 

テレ美
もしかして・・・本当は血の繋がりがないとか?

今後、相河と言う人物を深掘りしていく中で、この二人はかなりのキーパーソンになりそうですね。

 

僕らは奇跡でできているは、第一話から色々な謎が散りばめられています。

一人の視聴者として、色々なことを想像しながら見てしまいそうです。

まとめ

衝撃の第一話が放送された『僕は奇跡でできている』

 

多くの謎と多くの衝撃をこれから回収していくと思うとかなりワクワクしますね。

そして、現代人にとっては、あらゆる立場から”気づきのあるドラマ”だと思います。

 

ぜひ、見逃した方はチェックして見てくださいね。

 

▼▼僕らは奇跡でできているのフル動画を無料ですぐに視聴する方はコチラ ▼▼

スポンサーリンク

-2018秋, ドラマ

Copyright© てれびさふぁり(仮) , 2019 All Rights Reserved.