テレビ動画を見ていて気になるコトを気ままに書いてます

てれびさふぁり(仮)

2018夏 ドラマ

コード・ブルースピンオフ・もう一つの日常3話のネタバレと感想!

更新日:

劇場版コードブルーに向けて5日連続で放送されるコードブルーのスピンオフドラマ「もう一つの日常」は、いつもの五人ではなくフェローたちに焦点をあてている内容となっています。

第3話では、真面目な灰谷俊平(成田凌)のストーリーです。

テレ美
灰谷先生ってとってもかわいいよね!ダメダメな感じするけど、いつも努力してる感じ!

この記事では「コード・ブルー-もう一つの日常-」第3話についてネタバレしていきます。

コード・ブルー-もう一つの日常-第3話ネタバレ

知らない事を知っているフリをする医師か、知らないことを知らないと言える医師か。恥をかくことの大切さも学んでいく。

朝。今日も本を見ながら、ノートにメモを取る灰谷。

「わああ!おはよう…」

眠そうに入ってきた名取を見ながら、驚く。

「よくやるよな〜毎日毎日…」

ふと灰谷が読んでいた本を見る名取。

「河原教授って今度講演に来るんだってな」

灰谷は予習をしていたのだった。

 

一方、診療中の横峯。

「すみません、この薬とかって使わないですか?」

と患者の今泉豊かにスマホを掲げて見せられた。画面には、プロセントラと書かれている。

「プロセントラ…ああ〜今のところ使う予定はありません。数値も安定しているので少し様子を見ましょう」

聞いたことのない薬の名前を出されるも、その場を上手く乗り切った横峯に気づかず、雪村は感心してしまう。

「ちょっと見直した。あんな薬も知ってるのね」

「今、調べてる」

「え?」

「だって患者さんの前でわからないなんて言えないもん」

横峯は恥をかきたくなくて、知らないふりをしていただけだったーー

「結局ドラマを見て医者になった女医!」

やっぱりか…雪村も呆れてしまった様子。

 

患者に対するフェローたちの態度は様々。何でもそつなくこなす名取に、聞かれたことについて毎回調べてしまう灰谷、性格が違うから当たり前だけどここまで顕著なのも面白い。

そんな中、横峯に電話が入る。先ほどの患者の容態が急変してしまったのだ。

結局、大事に至らなかった患者。だが横峯は自分がうやむやにしてしまったことに対して後悔をしていた。

 

そこに河原教授がやってくる。今度本院で講義を行う、DIU治療では有名な先生だ。

「ごぶさたしてます」

灰谷と知り合い?まじかよ?という顔で見る名取の隣には、誰?という顔でぽかんと立っている横峯がいた。

 

お茶を出し、ソファに座って話す灰谷と河原教授。

「講義を一番前で聞いて、メモを取っていたのを思い出したよ。相変わらず熱心だな」

「まだまだ勉強不足で失敗してばかりです。今日も患者さんに、神経障害性疼痛症について聞かれたんですが僕知らなくて慌ててしまって」

知らないこともたまにはあるだろう、と笑う河原教授に、僕はいつも患者さんの前で慌ててしまって…とため息をついたように落ち込む灰谷。

すると河原教授が話し始めた。

「星の数ほどある病気や薬剤、それに治療法の全てを知る人間はいないし、どんな名医と言われる医者でも必ず知らないことがある。

そんな時、知らないままやり過ごして運良く患者を救う医者か、知らないことを認めて恥をかきながらでも患者を救う医者か、どちらの医者になりたい?」

灰谷は迷わず、「後者です」と答えていた。

 

「自分の無知を認めるのは難しい。決して、誰にもできることじゃない。でも君はすでにできている。

不安なのは、医者ならみんな一緒だ。」

教授も、不安なんですか?と尋ねると、河原教授は今も学んでいることを教えてくれた。

「しかし若いうちにできるだけ自分の知識を増やしておいたほうがいい。私のような歳になって、わかりませんはけっこうきついだろ。」

経験が長そうな医者にわかりませんと言われるほどキツいものはない。

 

その後ー

「先生…これって脳梗塞ってことないですよね?」

足が思うように動かず、不安に思った患者が灰谷に問いかける。

「ちょっと待っててもらっていいですか?」と、すぐに調べに走る灰谷の隣では、横峯が患者に対応していた。

「先生、この薬ってどうなんでしょうか?」

いつもなら、わからないことも患者の前で恥をかきたくなくてうやむやにしてしまっていた横峯だったが、わからないことを素直に認め、その場ではっきりと答えるようになっていた。

「ああ〜…わからないので、調べますね!」

「はぁ!?」

雪村がびっくりするほどきっぱりと「わからない」と言ってしまった横峯だったが、これも彼女なりにまっすぐ理解したからなのだろう…

 

患者を救う医者になるー。患者を救いたいという気持ちは灰谷も横峯も変わらない。

「わかりました!薬の副作用の可能性があるので量を減らしましょう!」

今日もわからないことを学びながら、灰谷は成長していく。

 

ー終わりー

スポンサーリンク

コード・ブルー-もう一つの日常-第3話感想

灰谷先生は本当にいつもアワアワしていますが、そこがかわいらしいですよね!

一見、頼りない先生に見えてしまいますが誰よりも熱心に勉強をしていたんだなということがわかります。

横峯先生も、そうじゃないだろ!と思ってしまうんですが、彼女なりに頑張っているんだな〜(ツッコミどころはあるけど)という感じ。

フェローたちの成長がこうして垣間見れるのは面白いですね。

 

 

コード・ブルーもう一つの日常は5夜連続放送です。ネタバレの方も続けていきますので、また見にきてくださいね♪

 

スポンサーリンク

-2018夏, ドラマ

Copyright© てれびさふぁり(仮) , 2019 All Rights Reserved.