テレビ動画を見ていて気になるコトを気ままに書いてます

てれびさふぁり(仮)

2018夏 ドラマ

義母と娘のブルース・麦田(佐藤健)は何役?亜希子との絡みネタバレ

更新日:

2018年7月スタートのTBS系ドラマ「義母と娘のブルース」。

妻を亡くし一人娘がいる良一(竹野内豊)が、キャリアウーマンの亜希子(綾瀬はるか)と再婚して突然義母になる…というお話。

 

物語は10年前から始まっていますが、佐藤健さん演じる麦田が今のところチョイ役みたいな感じで「この先どういう絡みがあるの?」なんて気になりますよね。

この記事では、原作から佐藤健さん演じる麦田がどういう感じで亜希子に絡んでいくのかをネタバレします。

テレ美
ドラマとはまた違うかもだけど、今後が楽しみだよ〜!

ここから先、原作のネタバレがあるので見たくない場合は戻ってくださいね!

義母と娘のブルース関連記事

スポンサーリンク

義母と娘のブルース・麦田章(佐藤健)の役どころは?

義母と娘のブルース公式サイトでは、麦田は「フーテンのダメ男」になっていますよね。

なかなか目標が定まらない、軸足も固まらない、でも亜希子・良一家族には毎回何かしら絡んでいて、奇跡を呼び起こしてくれる人物になってます。

 

原作では、ベーカリー麦田の店長として登場しています。

第1話を見て、気づきませんでしたか?


さりげなくベーカリー麦田が1話に映っていましたが、原作では麦田は先代の跡を継いでパン屋店長となっているんです!

みゆきも高校生になり、現在(ドラマ序盤は10年前の設定) になってから麦田はパン屋になるかと思います。

原作ではいきなりパン屋ですが、ドラマではどういう経緯でパン屋の跡を継いだのかなどもわかりそうですね♪

スポンサーリンク

義母と娘のブルース・麦田(佐藤健)の今後の展開は?

義母と娘のブルース原作では、麦田はパン屋店長として登場。亜希子がベーカリー麦田でパートをしています。

亜希子は良一の死後、働いているんですね。

その後、麦田と恋におちて再婚…ということもなく、パン屋をやめて亜希子は経営コンサルタント社長に。キャリアウーマンとして復活…というのが原作です。

でも麦田が亜希子のことを好きになって、告白するシーンなどもあります!(高校生になったみゆき・ヒロキも応援)

 

このまま佐藤健がチョイ役なのではないか…という声もありますが、確かに原作ではがっつり絡んでいるというわけではないんですよね。

ドラマだとどんな風に亜希子に絡んでいくのか…♪

まとめ

「義母と娘のブルース」作者の桜沢鈴さんは、この漫画を描くとき登場人物の情報をすべてぼやかしたと書かれていました。それが脚本家である森下佳子さんによって完璧に補完されているとのこと。

原作は基本は4コマ漫画なのでさらっとした感じで読めるんですけどドラマだと1話1話じっくり見れるかんじでまた違う面白さがありました。感情移入もしやすいというか、ドラマだと序盤からかなり泣かせられてます。

今後の展開はどうなるのか…ドラマだとまた少し違うところが、楽しみですよね。

 

「義母と娘のブルース」はドラマはもちろんですが原作もどちらも楽しめる作品ですよ♪

義母と娘のブルース関連記事

スポンサーリンク

-2018夏, ドラマ

Copyright© てれびさふぁり(仮) , 2019 All Rights Reserved.