テレビ動画を見ていて気になるコトを気ままに書いてます

てれびさふぁり(仮)

ドラマ

【花のち晴れ】ドラマ第10話ネタバレ!西門登場!名言「人生、一期一会だ」再び?【6月19日】

投稿日:

テレ美
【花のち晴れ】第10話の内容ネタバレだよ〜!

花のち晴れドラマ第10話ネタバレ

前回の最後で晴(平野紫耀)と天馬(中川大志)が音(杉咲花)を賭けて柔道、剣道、弓道の3本勝負を行うことが決まる。

一方の音は晴の言葉や行動がいつも自分のことを考えてくれていることであること、そして晴のことが好きであるという、自分の気持ちに気づいてしまったことを紺野さんに伝えるが、この気持ちに蓋をしなければめぐりん(飯豊まりえ)や天馬に迷惑がかかってしまうのだと言い、自分の気持ちは紺野さんに聞いてもらえたからよいのだと伝える、紺野さんはその行動が一番周りも傷つけていると言うが音はそれで良いのだと家に帰る。

場面は変わり、晴が家でめぐりんに話があるとLINEを送る。

めぐりんが部屋に着くと同時に晴は土下座をし、めぐりんに分かれて欲しいと告げる。やはり自分は音のことが好きであり、これ以上自分を偽れないこと、天馬とかけを行い負けた場合は自分の運命を受け入れ、父親の言う通りに生きることになり、めぐりんとの結婚を進めようとするだろうと言い、そうなる前に別れて欲しいと伝える。

しかしめぐりんは即答で別れないと晴に告げ、もし、晴が負けた場合音への気持ちを0にするのだから、自分にもチャンスがあるのではないかと晴に告げ部屋を出る。

次の日から晴の特訓が始まる、杉丸(中田圭祐)に柔道と剣道の稽古をしてもらうが晴はいずれも経験は全く無く、3つとも有段者並みの実力を持つ天馬とは勝負にならないと考える。

そして音と天馬は待ち合わせをし、この間の近衛(嘉島陸)との出来事のことについて話し合い、自分のことを信じてくれなかったことは傷ついたが、この一回だけの出来事で今まで天馬と築き上げてきたものを壊したくはないと天馬に告げる。

天馬も音が桃乃園への転入を延期したいと言った時に無理にでも引き留めるべきだったと、ずっと後悔していたと音に告げる。

そして晴と武道の3本勝負をすることになったことも音に告げる。天馬が自分に圧倒的に有利な勝負を受け入れるなんて天馬らしくないと、音は天馬に告げるが、天馬は音に対しては今までの聞き分けの良い自分は辞めると言い、神楽木のいなかった頃と同じように音と2人で生活をしていきたいと告げる。

日がたち、C5の5人は、音を呼び出し天馬にこの勝負をなかったことにしてくれないかと言ってほしいと相談をする。晴の様子では天馬には勝てないと思い、学園の存続のことを考えると晴が天馬に負けることは学園のマイナスイメージになると説明をする。

音はそれを聞いて、激怒し、「晴が負けるって決めつけて本当にしょうもない」と言い残し去っていった。C5もその言葉を聞き晴のことを応援しようと考え始める。

そんな中久しぶりに学校にやってきためぐりんと音は口論になってしまい、めぐりんは今回の晴と天馬との戦いは音をめぐってのものであると言ってしまう。どっちを応援するのかとめぐりんに問い詰められた音はどっちにも負けて欲しくないと答える。

弓道の練習場を一茶(鈴木仁)が紹介してくれ、いってみるとそこにはF4の一人、西門(松田翔太)の姿が、一茶とは家元繋がりでもともと知り合いだったのだ。西門は晴のことを観て面白いと言い、惚れた女のために戦うのなら練習の手伝いをすると言ってくれるのであった。

一か月必死に練習した晴だったが実力は天馬と比べるとやはり雲泥の差であると言う西門であったが勝負も恋もどうなるかわからないから面白いと言い去っていく。

そしてついに決戦の日となる。最初の試合は柔道で、英徳側の応援席はまばらなのに対し、桃乃園は一面ぎっしりの生徒が応援している。音は桃乃園サイドに座って天馬を応援している。勝負は一瞬で決着が付き天馬が一本背負いを決める。

音は天馬が勝利したことに対し嬉しそうな表情をしているが内心は不安そうであった。そして投げられてから倒れて動かない晴、腕か手を抑えてうずくまっているようでした。

スポンサーリンク

花のち晴れドラマ第10話感想と最終回予想

次回が最終回になります!最後のシーンで晴が手をケガしているように見えたのですが大丈夫なんでしょうか、圧倒的実力差の上に満身創痍となるともはや勝ち目はないのでは、この戦いの決着も気になりますが、やっぱり一番気になるのは音が晴と天馬のどっちをえらぶのかですよね!

予告で最後音が「みんなじぶんらしく笑って、私も自分らしく生きるんだ!」と言っていたので私の予想では自分の気持ちに素直になって晴のことを最終的には選ぶのではないのでしょうか?とにかく最終回とても楽しみです!

スポンサーリンク

-ドラマ

Copyright© てれびさふぁり(仮) , 2019 All Rights Reserved.