テレビ動画を見ていて気になるコトを気ままに書いてます

てれびさふぁり(仮)

ドラマ

【花のち晴れ】第8話ネタバレ!メグリン進展?音は複雑…9話予告も【6月5日】

投稿日:

TBS系で放送中のドラマ【花のち晴れ】。6月5日の放送は第8話でしたね!前回の第7話では、お互い友達として向き合っていこうと決めた音(杉咲花)と晴(平野紫耀)でしたが…

今回はドラマ【花のち晴れ】第8話の内容を冒頭から最後までご紹介します!ネタバレなので、見逃してしまった場合や振り返りたい時にどうぞ!

花のち晴れ第8話・ネタバレまとめ

冒頭は花が天馬に桃の園高校への転入を延期すると伝える場面からスタート!

前回道明寺亭で昔の話を聞き、庶民狩りはもう辞め、ありのままの自分で英徳学園を守ると決めた晴を見て、もう少し英徳に残ることを決意する。

メグリンは相変わらず晴一筋でアタックをし続ける。アイリはその様子を見て激怒するが、なんと晴はメグリンの「彼女(仮)」を受け入れると発言。音は桃の園に行ってしまったと思っていた晴はもう音のことは忘れると言う。音だから身を引く覚悟をしたのに!とアイリは更に激怒。

そんな中ある日晴人が登校すると学園の前に大勢の生徒の人だかりが、押しのけて確認すると校門に「英徳に未来はない」とスプレーで落書きが。晴人が弱さをさらけ出したことに不満を持つ英徳の生徒が増加していたのだ。

C5のせいだと文句を言う生徒もいる中、モップを持った花が登場。

「自分の学校なんだからC5ばっかに頼ってないで自分らで行動しなよ」と吐き捨て落書きを1人消し出す。C5やメグリンも手伝い、不満を持つ生徒は帰る中、何人かは落書きを消すのを手伝いだす。

場面は変わって音の家で天馬から着信が。次の休みに音に会いたいとのこと。音も全く同じことを考えていたと言って紺野さんからチケットをもらった映画に行こうと天馬を誘う。

学校のシーンになり、落書き事件の際の防犯カメラをチェックする海斗らC5。顔は分からなかったが腕に特徴的なブレスレットをしていることに気づき、全校生徒に情報提供を呼びかける。

週末になり、音と天馬は映画館へチケットを交換しようと並んでいるとメグリンからメールが届く。内容はメグリンの17歳の誕生日パーティーを、英徳学園で行う招待状とのこと。音が映画館にいることを伝えると、晴とメグリンも合理し一緒に映画を見ることに。

映画館でもその後のカフェでも音と晴がずっと話をしていて、2人が付き合っているよう。
お互いは友達に戻れて良かったと思っているようだが、メグリンと天馬は複雑な面持ち。

天馬が映画館から家に帰ると利恵さんが待っている。音が桃乃園への転入を延期したことが気に入らない模様で音は天馬の婚約者に相応しくないと言い出す。利恵さんは天馬のお父さんにまで連絡し、次回音の家族と天馬の家族で食事会を開きそこで話を聞くことに。

次の日、食事会の日がメグリンの誕生日パーティーとかぶっていて来れないことをメグリンに伝える音。また学校で晴と出会い、晴は音に誕生日パーティーの際彼女(仮)ではなく本当の彼女になって欲しいとメグリンに言うと音に伝える。音は少し胸がチクっとしたが晴とメグリンの恋を応援すると伝える。

食事会の日になり、音とお母さんがホテルに向かう途中の液晶パネルにメグリンの誕生日パーティーの様子が映りだす。豪華な食事やパフォーマンスが準備される様子を見ていた音だったが、落書き事件の防犯カメラに映っていたブレスレットをしている男を見つける。アイリに電話するも繋がらず、食事会をほったらかし英徳に向かう。

ギリギリのところで晴とメグリンはブレスレットの男が仕掛けた爆弾を避け、C5によって確保されます。

食事会は天馬の家族と音のお母さんだけで先に進むが食事も終わり、やはり音は天馬の婚約者として利恵さんが結論づけようとした時、音と晴が一緒に駆けつける。

天馬のお父さんが音と晴の関係を聞くと、晴は「江戸川さんはとても大切な友人です」と答え、音が天馬のことをどれだけ考えているかを伝え、食事会に遅れたのは自分のせいなので音を責めないで欲しいと伝える。

天馬くんのお父さんは晴の言い分を信じ、音を天馬の婚約者として認める。

天馬と音が2人で帰るシーンと晴が英徳に戻り、メグリンを慰めるシーンでお互いに抱き合う演出で今回は終了。メグリンは抱き合うシーンで笑みを浮かべていたが音は複雑そうな顔をしていたのが印象的でしたね。

スポンサーリンク

花のち晴れ第9話の予告動画とあらすじ・展開予想!

次回予告、英徳学園がピンチを免れたかに見えたのも束の間、さらなる事件が!

英徳学園がピンチを免れたかに見えたのも束の間、さらなる事件が!
音(杉咲花)が何者かに襲われたのだ。
必死に助けを求める音は、偶然通りかかった桃乃園学院の近衛(嘉島陸)たちに助けられる。

病院に駆けつけた天馬(中川大志)は音の身を案じ、晴(平野紫耀)にも報告すべきだと助言。
しかし、音はメグリン(飯豊まりえ)との初デートのプランを必死に考える晴に、自分が襲われたことは伝えずにいた。

そんな中、音は事件を裏で操っていた犯人を知ってしまう。すぐさま天馬にその事実を伝えるも、「何かの見間違いでは?」と天馬は半信半疑。音は自分を信じてくれない天馬にショックを受ける。

だが、晴は音の前で「そんなの一択だろ!好きな女の言うことを信じなくてどうする!」と天馬に掴みかかり…。

音が何者かに襲われた様子でしたね!最初のほうは完璧に見えた天馬も音を思うあまり積極的に行動ができていない様子です。それに対し自分の弱さを受け入れ、徐々に変わりだした晴。予告の「好きな女のこと信じなくてどうする」もかっこよかったです。またやっぱり晴は音のことがあきらめられない様子でした。

次回予告では晴と天馬が音を巡って何かゲームを行うみたいでした!ついに晴と音が結ばれる方向に話が進んでいくのではないかと感じました!

スポンサーリンク

-ドラマ

Copyright© てれびさふぁり(仮) , 2019 All Rights Reserved.